LOVE INDIA2016に所長の伊藤一城シェフが登場します!

日本人シェフの 日本人シェフによる インド料理ファンのためのイベント「LOVE INDIA」。2016年4月24日(日)に第5回開催!

http://love-india.net/

12794590_983811661699556_5765671161147031376_n

2011年にスタートしたこのイベントへ、今年も三条スパイス研究所の監修を手がける所長伊藤一城が登場!!しかも今年なんと伊藤シェフが提供するカレーは、スパ研プロジェクトで開発した研究所の看板メニュー、「干し野菜と打ち豆のカレー」です!!

このメニューの中心となる食材、「打ち豆」は大豆です。新潟ではお米作りが終わると収穫の作業に取りかかる稲作とも深く関わりのある農産物で、三条で伊藤シェフが新たに出会った食材の一つです。

新潟では「煮菜」といって体菜(たいな)という葉物野菜の塩漬けと一緒に煮込んだり、お味噌汁に入れたりと冬の間の貴重なタンパク源としても古くから食べられている食材です。今回はこの打ち豆とこちらも新潟の冬の保存食代表である干し野菜(切り干し大根など)の出汁を使ったカレーを豆(ダル)カレーとして提供します!!

IMG_2229

開催場所は東京都千代田区にある旧練成中学校を利用して誕生したアートセンター『3331アーツ千代田』。昨年に引き続き、こちらで行われる「LOVE INDIA」では、A,B2種類のターリーに日本を代表するスパイス料理のシェフたちが勢ぞろいするという一年に一度のお祭りです。以下LOVEINDIA発起人の東京カリ〜番長  東京スパイス番長 水野仁輔さんの言葉より。

————————————

日本人のインド料理シェフは、熱い。

昔から、ずっとそう思ってました。
なぜなのか、理由はわかりません。
日本人でありながら、縁あって異国の食文化に魅了され、
人生を捧げる覚悟を決めた方々だから、
生半可な気持ちでないことだけは確かです。

同時に、こんなことも感じてました。

日本人シェフの作るインド料理は、うまい。
この情熱と技術を持ってすれば、
インド料理は日本で独自の進化を遂げるに違いないと僕は考えています。

**

ヌーベル・インディアン?
ジャパニーズ・インディアン?
この企画を皮切りにインド料理が
新たな進化を見せていく予感をひしひしと感じています。

インド料理を愛する多くの方々に
この歴史的“現場”に立ち会っていただき、
歩みを共にしていけたら幸せです。

——————-

ちなみに先日の抽選で決まった各担当シェフは、以下の方々

*****

●Aターリー
・肉:田村修司(カッチャルバッチャル
・チキン:藤井正樹(アンジュナ
・シーフード:諏訪内健(ムーナ
・野菜:吉田哲平(葉菜
・豆:伊藤一城(スパイスカフェ

●Bターリー
・肉:沼尻匡彦(ケララの風Ⅱ
・チキン:増田泰観(シタール
・シーフード:田中源吾(デリー
・野菜:柴崎武志(シバ
・豆:山登伸介(シバカリーワラ

●単品
・渡辺玲(サザンスパイス
・若林剛史(ヘンドリクス
・塚本善重(たんどーる

*****

ところでターリーって何?という方のためにちょっと簡単に説明すると、、

ターリーとはインドでいうところの「定食」の意味。我々研究所でもミクスチャースタイルのターリーを基本の定番メニューと位置つけ、ご提供しています。

このイベントでは、一枚のターリープレートでこんなに色々な種類のスパイス料理が楽しめる!という夢のようなもの!

参考に2012年のターリーの様子を…2012thali_b

o0603045113280978682 o0603045113280978683

 

これは楽しみですね…

当日の会場には、三条スパイス研究所からも何名か視察に行く予定ですし、イベントの販売品として、スパ研の商品である「ビリヤニキット」をお出しする予定です。

お近くの皆さん、是非お越しください!

なお、今年はチケットの店頭販売はありません。

「e+(イープラス)」にてLOVE INDIA 2016のチケットを販売しております。
入場料(チケット)は前売り制となります。
チケットをご購入いただく場合は「e+(イープラス)」にてお買い求めください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
Aターリー
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002183221P0030001

Bターリー
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002183226P0030001

チケット代:各3,300円(税込・発券システム利用料込)
※単品メニュー、ドリンク、公式レシピブック(LABO INDIAなど)は別売りとなります
(開催当日、現金でお買い求めいただけます)

LINEで送る
Pocket